2022.05.23U35みらい創造会議in青森県佐井村を開催しました

日本で最も美しい村の加盟町村地域で暮らす若者たち(35歳以下)が、「10年後、どんな村であってほしいか」というテーマで議論をする『U35みらい創造会議』を2022年5月16日(月)にkaneshichi+(青森県佐井村内)で開催しました。

佐井村では、「日本で最も美しい村」連合加盟後に、日本で最も美しい佐井村づくり推進本部並びに同策定委員会及び日本で最も美しい村をつくる会を立ち上げ、7か月の学びと議論を経て、住民主導で「美しい村ビジョン」を策定されました。美しい村づくりに向けて、2030年に向けたビジョンと28項目のアクションプランが策定されています。住民によりプロジェクトチームをつくり、各アクションプランを進め、「日本で最も小さくかわいい漁村」を実現するために、日々取り組みをされています。

会議に参加した6名の皆さん

■館脇美樹さん(村事務局&PTサブリーダー) 

出身:佐井村/職業:地方公務員(役場 総合戦略課主事)

■島野晃輔さん(PTメンバー)

出身:佐井村/職業:地方公務員(役場 産業建設課主事)

■工藤 彩さん(村内若手&PTメンバー) 

出身:佐井村/職業:保育士(佐井村保育所)

■竹内智志さん(PTメンバー) 

出身:佐井村/職業:地方公務員(役場 総務課主事)

■長島雄大さん(PTメンバー) 

出身:佐井村/職業:地方公務員(役場 住民生活課主事)

■間山貢樹さん 

出身:佐井村/職業:役場職員 (総合戦略課 主事)

今回の議論の結果

議論は2時間半を超え、皆さんには多くの意見やアイディアを出していただきました。

議論後には、「このような話題で話すことが良い機会だった」「自分にできることから行動に移していきたい」といった感想が出ました。

今後さらに佐井村が「日本で最も小さくかわいい漁村」に近づき、若者の力で活気のある村になってほしいです。

「日本で最も美しい村」連合では、今後も町村地域で暮らす若者たちと、村の未来を考える会議を定期的に実施予定です。