1. HOME
  2. 加盟町村一覧
  3. 小代

兵庫県小代おじろ

兵庫県香美町は、「山陰海岸ジオパーク」のエリア内にあり、日本海から山間部まで30㎞の幅を持っています。その香美町の中でも山間部に位置する小代区は、矢田川が中心を流れ、棚田状の農地が広がる静かな田園地帯で、昔から小さな水田が多いことから小代と呼ばれてきました。

岡山・鳥取・兵庫の3県にまたがる、広大で高山が連なる「氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園」に囲まれているため、冬は積雪が3mにもなり、兵庫県という比較的南の地域にありながら2ヶ所のスキー場が営業しています。

小代は「和牛のふるさと」です。全国和牛登録協会の報告にもありますが、全国の黒毛和種繁殖雌牛の99.9%の個体が、小代の牛「田尻」の血統に繋がることが確認されています。

美方郡産の但馬牛が日本農業遺産として認定されました。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201902/0012069894.shtml

未来に残したい小代の特徴~連合に登録されている地域資源~

  • 「和牛のふるさと」としての小代
    「和牛のふるさと」としての小代

    小代の牛は、昔より狭い谷の中だけで交配を繰り返してきたため、「閉鎖育種」になり繁殖牛としての「純血」が奇跡的に保たれています。
     子牛は全国トップクラスの値で取引され、各地の飼育農家等を経て「神戸ビーフ」「松阪牛」などの全国ブランド牛に育てられています。これまでの長い歴史の中で、暮らしの中に牛がいる風景ごく一般的なものでした。家族の様に一緒に生活し、1頭1頭を大事に育てる風土が「よい牛を育む」黒毛和牛オンリーワンとしての地位を築いて来たと言えます。

  • みかた残酷マラソン全国大会
    みかた残酷マラソン全国大会

    「みかた残酷マラソン全国大会」は、名前のとおり小代区の各集落を巡る距離24㎞、高低差400mのうねりのあるコースを周回する、全国でも指折りの非常にハードなマラソン大会です。
     大会前から地区内の小学生・中学生が、参加する各地の2,400人の選手一人一人に応援メッセージ を送って激励、また、当日は小代区民が給水所などを集落ごとに設営し、それぞれ工夫を凝らした応援とおもてなしを行います。ゴール地点では新鮮なトマト・ソーメン等が選手にふるまわれるなど、参加選手の6割がリピーターとなるほどの人気を博し、手と区民が共にゴールをめざす大会となりました。

アクセス・お問い合わせ

香美町小代観光協会

兵庫県美方郡香美町小代区神水739-1
TEL 0796-97-2250
FAX 0796-97-2307

電車でお越しの場合:
山陰本線八鹿駅下車→全但バスで約1時間(秋岡行き)

お車でお越しの場合:
北近畿豊岡自動車道 八鹿氷ノ山IC下車→国道9号線を鳥取方面へ約40分

飛行機でお越しの場合:
鳥取空港→車で約1時間(国道9号線を京都方面→国道482号)