1. HOME
  2. 美しい村ふるさと移住・定住
  3. 智頭町

鳥取県智頭町ちづ

「みどりの風が吹く疎開のまち」智頭町(ちづちょう)は、鳥取県の東南に位置し、西と南は岡山県に接しています。周囲は1,000m級の中国山脈の山々が連なり、その山峡を縫うように流れる川が合流し、千代川となり、日本海に注いでいます。その昔から、長い歳月を経て、鳥取砂丘を育んだ源流のまちです。まちの総面積の9割以上が山林で、スギをはじめとする見渡すかぎりの緑が一面に広がります。智頭林業の植樹の歴史は、350年以上といわれ、町内には「慶長杉」と呼ばれる樹齢300年以上の人工林が残り、吉野・北山に並ぶ歴史ある林業地として、全国的にも高い評価を受けています。また江戸時代から県内最大の宿場町として栄え、藩主の止宿の場所である御茶屋の他、奉行所や制札場が置かれていました。往時の歴史と文化を色濃く残し、遙か昔に刻まれた時間がみどりの風とともに語りかけ、人々をどこか懐かしくさせるまちです。

移住・定住

移住・定住をご検討中の方へ

移住・定住に関する情報はコチラ

▶ 鳥取県智頭町 定住促進ホームページ −智頭で田舎暮らし−

空き家バンクの情報はコチラ

▶ 住宅・空き家情報

ふるさと納税

ふるさと納税のお申込はコチラ

▶ 智頭町 ふるさと納税特設サイト