HOME 田子町
  • 冬の田子町
  • 田子町の夕焼け
  • タプコプ創遊村
  • 冬の田子町
  • 田子町の夕焼け
  • タプコプ創遊村

田子町

Takko

青森県三戸郡

WEBSITE
http://www.town.takko.aomori.jp/

“田子町”の魅力を知る

田子町は、青森県の最南端に位置し、岩手県と秋田県に隣接しています。田子町の名前の由来は諸説ありますが、この地に先住のアイヌ人の言葉で「小高い丘」を意味する「タプコプ」からきている説が最も有力です。町の面積のほとんどが山林であり、その緑豊かな山々からの清らかな湧水が人々に恵みを与えています。農業、林業、畜産業が盛んで、中でもニンニクの栽培は全国的なブランド「たっこにんにく」として田子町の知名度を高めています。

未来に残したい田子町の特徴~連合に登録されている地域資源~

  • 昔の田園風景が広がる源流と水車の郷
    昔の田園風景が広がる源流と水車の郷
    江戸時代から伝わる茅葺屋根の「水車(からうす)」は、かつては集落の至る所に点在し、地域のシンボルとして住民から愛され大切に守り続けられてきました。今では新田集落に一軒しか残っていませんが、集落を流れる小川と水車の光景は、「昔の田園風景が広がる源流と水車の郷」として貴重な景観となっています。この水車を利用し、古くから伝わる「水車による粉搗き技術」を活かした「水車そばまつり」を開催するなど、伝統文化の継承に努めています。
  • 田子神楽
    田子神楽
    田子神楽は450年以上の歴史があり、岩手・秋田・山形県の同類型の神楽に比べて囃子のテンポも速く、舞の型が複雑なのが特徴といえます。また、現代の能がまとめあげられる前の舞曲の面影をとどめているなど、芸能史的価値も高く評価されています。田子神楽は、1961年には県無形民俗文化財に指定され、1971年には国の無形民俗文化財記録作成指定を受けています。現在も田子神楽保存会が中心となり田子神楽の伝承と後継者の育成に力を入れています。
  • 日本一の「たっこにんにく」の里
    日本一の「たっこにんにく」の里
    「たっこにんにく」は青森県田子町で管理栽培されたものを指し、2006年には特許庁より地域団体商標を東北で初めて認可されました。「たっこにんにく」は「日本一のにんにく」の地として、地域ブランド力を活かし、さらなる安定生産と販売力の強化を進めています。世界的なにんにく産地の米国ギルロイ市と連携した国際交流(高校生の相互ホームステイや中学生の研修)は地域の若者の育成に貢献しています。
close