HOME 上勝町
  • 空から見た上勝町
  • 棚田ライトアップの様子
  • 空から見た上勝町
  • 棚田ライトアップの様子

上勝町

Kamikatsu

徳島県勝浦郡

WEBSITE
http://www.kamikatsu.jp

“上勝町”の魅力を知る

上勝町は、県庁から南西方向に40km(車で約50分)の位置にあります。地形的には四国山脈の南東山地にあり、標高1439mの高丸山を最高峰とする山脈 が重なり、東流する勝浦川は、深い渓谷をなし、その流域にごくわずかな平地が見られるほかは、大部分が山地で、山腹斜面に階段状の田畑があり、標高は 100mから700mの間に大小55の集落が点在しています。 総面積は109.68平方km、内88.5%が山林で、そのうち83%が杉を主体とした人工林です。

上勝の美味しいお店

上勝の美味しいお店

https://www.youtube.com/watch?v=9as73el1q5I   上勝の美味しいお店を紹介している動画です...

徳島県勝浦郡上勝町
2016.03.25

未来に残したい上勝町の特徴~連合に登録されている地域資源~

  • 樫原の棚田
    樫原の棚田
    八重地、市宇、田野々、横峯、蔭、日の浦、府殿、下平、城ヶ太尾、宮太尾、槻地など町内の至るところに美しい棚田があります。 その中でも樫原の棚田が有名で全国棚田百選に選ばれました。標高650メートルから700メートルの山肌に大小さまざまの棚田が重なり合っています。およそ500枚の田んぼが山の斜面で稲を育みます。
  • 彩(いろどり)農業
    彩(いろどり)農業
    「彩」とは、上勝町がつくりだした新しい産業概念です。紅葉、柿、南天、椿の葉っぱや梅、桜、桃の花などで、料理のつま物にする材料として商品化したものです。また、1年中野山にあるシャガを舟、樽、鶴等に加工し“翠”として、野草の中で食べられる物を“幸”として出荷し高く評価されています。
  • 山犬嶽
    山犬嶽
    落葉原生林の中に88ヵ所の石仏があります。巨石郡と水苔など、まるごと自然の聖域。落葉原生林を経由して急峻な山道をしばらく登ると杉の巨木中に大師堂があります。南方の眺望がすばらしく、落葉原生林を眼下に見ることができ、特に秋の紅葉の頃がおすすめです。

アクセス・お問い合せ

徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下横峯3-1
主なアクセス方法
お車でお越しの場合:
徳島県庁から南西方向に40km(車で約50分)
徳島市から国道55号線を南下、勝浦川橋南詰の信号を右折し、道なりに約25㎞進みます。
その他のアクセス・問い合わせ情報
close