HOME 北塩原村 村の記事 その他 桧原湖底に眠る(噴火が生んだ景観①)
北塩原村
桧原湖底に眠る(噴火が生んだ景観①)

桧原湖底に眠る(噴火が生んだ景観①)

2016.03.28

西暦1888年の磐梯山(ばんだいさん)噴火により、かつての宿場町が湖底に沈みました。今では冬の風物詩としてすっかりおなじみのワカサギ釣りでにぎわう桧原湖(ひばらこ)の北岸は、渇水期になると山神社の鳥居、鎮守の森であったとおぼしき樹痕などが姿をあらわし、往時を偲ばせます。

今回紹介した
スポットへのアクセス

桧原山神社・参道跡

桧原山神社・参道跡
close