HOME 川根本町
  • 蕎麦粒山のシロヤシオ
  • 南アルプスあぷとライン(レインボーブリッジと奥大井湖上駅)
  • 茶畑とSL
  • 鵜山の七曲り
  • 接岨湖カヤックツーリング
  • 蕎麦粒山のシロヤシオ
  • 南アルプスあぷとライン(レインボーブリッジと奥大井湖上駅)
  • 茶畑とSL
  • 鵜山の七曲り
  • 接岨湖カヤックツーリング

川根本町

Kawanehoncho

静岡県榛原郡

WEBSITE
http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/

“川根本町”の魅力を知る

川根本町は、静岡県のほぼ中央部に位置し、町域の約 94%を森林が占めています。南アルプス最南端である 光岳(てかりだけ)周辺は、本州唯一の原生自然環境保全地域となっており、町域全体がユネスコエコパークに登録されています。町域の中央には、南アルプスを源とする大井川がゆったりと流れ、この地の住民は「水と森の番人」として日々の暮らしを営んでおり、2009 年には「にほんの里 100 選」にも選定されています。大井川沿線には SL や日本で唯一のアプト式鉄道が運行し、悠然と流れる大井川と四季折々の彩りを見せる渓谷の山間には、日本三大銘茶の一つである川根茶の茶園景観が広がっています。

未来に残したい川根本町の特徴~連合に登録されている地域資源~

  • ≪銘茶川根茶の茶園景観≫
    ≪銘茶川根茶の茶園景観≫
    大井川から立ち込める川霧と切り立った渓谷。この地域の自然環境が上質なお茶を育む土壌となり、農業と環境との共生が評価され世界農業遺産として認定された伝統農法である「静岡の茶草場(ちゃぐさば)農法」が銘茶川根茶を作り出しています。
    大井川沿いに広がる茶園や高地に存する「天空の茶園」など、多様な茶畑の景観が広がり、特に新芽が芽吹いた春の茶園は、やわらかな光に照らされ、まばゆいほどに輝きます。人々は摘採・製造に精を出し、町のあらゆるところから山間の新茶のさわやかな香りが
    漂い、町は活気づきます。川根茶は、町の基幹産業であると同時に町のシンボルであり、こ
    の地に住む人の誇りとなっています。
  • ≪国重要無形民俗文化財 徳山の盆踊≫
    ≪国重要無形民俗文化財 徳山の盆踊≫
    徳山地区の「徳山の盆踊」は、毎年8月 15 日に浅間神社の例祭にあわせて境内の特設舞台で奉納されます。「鹿ん舞」「ヒーヤイ」「狂言」という全く異なった芸能で構成され、小歌踊と狂言を交互に演じるという特色があります。この形態は、古歌舞伎踊の初期の仕組みを伝承するもので、これに動物仮装の風流が添えられているなど、地域的特色にも富んでいることから、1987 年 12 月に国の重要無形民俗文化財に登録されています。

アクセス・お問い合せ

静岡県榛原郡川根本町上長尾627
主なアクセス方法
電車でお越しの場合:
東海道本線「金谷駅」下車・乗換え
大井川鐵道本線にて「下泉駅」まで約50分、「駿河徳山駅」まで約60分、「千頭駅」まで約70分
お車でお越しの場合:
■東京方面よりお越しの場合
 新東名高速「静岡SAスマートIC」より40分(千頭駅まで)
■名古屋方面よりお越しの場合
 新東名高速「島田金谷IC」より60分(千頭駅まで)
飛行機でお越しの場合:
富士山静岡空港から自動車で70分(千頭駅まで)
富士山静岡空港からJR「島田駅」までバスで25分
富士山静岡空港から大井川鐵道「金谷駅」までタクシーで10分
大井川鐵道本線にて「下泉駅」まで約50分、「駿河徳山駅」まで約60分、「千頭駅」まで約70分
その他のアクセス・問い合わせ情報
close