HOME 岩木
  • 岩木

岩木

Iwaki

青森県弘前市

WEBSITE
https://www.facebook.com/1807599732851778/

“岩木”の魅力を知る

標高1,625mの独立峰岩木山がそびえる弘前市岩木。岩木山を背景に、丘陵部にはりんご畑、平野部には田畑が広がり、山麓には嶽温泉や百沢温泉といった歴史ある温泉地が点在しており、人々は長い年月にわたり岩木山の恵みを受け、生業を営んできました。

未来に残したい岩木の特徴~連合に登録されている地域資源~

  • 岩木山を背景に広がるりんご畑と田園風景
    岩木山を背景に広がるりんご畑と田園風景
    津軽地方には、日本海からの強く冷たい風が吹き付けます。りんご栽培では、寒風により新しく伸びた枝の先端が枯れこむ「先枯れ」という凍害症状があります。岩木のりんご畑は、岩木山の自然の防風垣の機能により日本海からの寒風から守られ、「先枯れ」から免れているとされています。
    さらには、西に岩木山、南に白神山地、東に八甲田山系の山々に囲まれた盆地のため、夜間と日中の寒暖差が大きく、全国的にも有名な高い糖度のりんごや食味のしっかりしたお米の産地となっています。 
    また、岩木山の火山灰土壌が占める標高400mから500mの嶽地区では、糖度が高く、コクのある「嶽きみ」と呼ばれるとうもろこしが育ちます。平野部にある一町田地区では、岩木山からの豊富な伏流水を使った「一町田のせり」の栽培が盛んです。
    岩木山からの恩恵と人々の営みにより作りだされた「岩木山を背景に広がるりんご畑と田園風景」には、四季折々の美しい景観とそこに暮らす人々の姿が映し出されています。
  • お山参詣
    お山参詣
    岩木の人々は、壮大で美しい岩木山を毎日仰ぎ見ます。岩木山は農業をはじめ、人々の生業に大きな恵みをもたらすとともに、古くから「お岩木山(いわきやま)」、「お岩木(いわき)様(さま)」と慣れ親しまれ、人々の心のよりどころとして崇められてきました。
    毎年旧暦8月1日になると、津軽地方の人々は、岩木山の神に五穀豊穣と家内安全を祈願すべく、岩木山へ登拝する習俗があり、「お山参詣」と呼ばれています。
    お山参詣は、岩木山神社の創建(780年)から1200年以上も続いており、1984年1月には、「岩木山の登拝行事」として国の重要無形民俗文化財の指定を受けています。
    長い歴史の中で途絶えることなく続いてきたお山参詣は、岩木山の四季の移ろいと共に暮らす人々が、その恵みを享受し、自然への畏敬の念や実りの秋に感謝をするという精神文化を培ってきています。

アクセス・お問い合せ

弘前市岩木庁舎
青森県弘前市大字賀田1-1-1
主なアクセス方法
お車でお越しの場合:
東北自動車道大鰐弘前I.Cから40分
青森市街から 60分
弘前市街から 20分
青森空港から55分
三沢空港から2時間20分
大館能代空港から2時間
電車でお越しの場合:
奥羽本線JR弘前駅下車バスご利用
その他のアクセス・問い合わせ情報
close