HOME 江差町 村の記事 伝統 民謡の王様「江差追分」を習おう!
江差町
民謡の王様「江差追分」を習おう!

民謡の王様「江差追分」を習おう!

2018.12.11

江差追分は、江戸時代の頃から、信州中仙道で唄われていた馬子唄が一種のはやり唄として全国各地に広まり、越後に伝わったものが舟唄となり、北前船によって江差に運ばれてきた追分節にケンリョ節が加わり、独特の音調を持つ江差追分が誕生したといわれております。
江差追分は、一息で一節を唄わなければならず、その難しさから「民謡の王様」と言われております。
そんな江差追分に皆さんもチャレンジしてみませんか?
江差追分本場の師匠が、わかりやすく手ほどきしてくださいますので、是非、一度、追分の里江差で唄ってみませんか!

【体験料金】 指導料 無料
※ただし、入館料がかかります。

【時間】   午前9時から午後5時

【休館日】  4月から10月無休、11月から3月毎週月曜、祝日の翌日、年末年始(12/31~1/5)

 

〇お問合せ先
江差追分会館(江差町字中歌町193-3)
TEL:0139-52-9020

江差追分会(江差町字中歌町193-3)
TEL:0139-52-5555

今回紹介した
スポットへのアクセス

江差追分会館

江差追分会館

江差追分の歴史などが学べる会館となっております。会館の2階では江差追分の歴史のほか、江差町の伝統芸能なども堪能することができます。また、1階では生の江差追分を聞くことのできる演示室や江差追分の師匠から直接指導をいただける追分道場などがあります。

【入館料】
 大人・・・500円
 子供(高校生まで)・・・250円
 ※15名以上の団体は1割引き

【開館時間】
 午前9時から午後5時

【休館日】
 4月から10月無休、11月から3月毎週月曜、祝日の翌日、年末年始(12/31~1/5)

北海道檜山郡江差町字中歌町193-3
  • お車でお越しの場合:

    函館駅より約1時間30分
    新幹線木古内駅より約1時間

close